カナダ留学、バンクーバー留学はカナダ現地留学オフィスのバンクーバー留学センター

留学・転校手続きからホームステイ、寮手配、インターンシップまでバンクーバー現地オフィスからあなたをサポート

カナダ留学の持ち物

Co-op就労ビザについて
出発前の大きな悩み、荷造りについて
学校のお申込みも終わり、ビザ申請も終わって待ちに待った留学も間近!さっそく出発の準備に取り掛かろう!留学に必要な物を準備しよう!と思ったけれど、実際に何が必要で何が不必要なのだろう…?
出発前の大きな悩みの一つが荷造りです。特に長期の海外生活となると何を持って行ったらいいのか大変悩まれるのでは?飛行機では持ち込むことのできるスーツケースの重量や個数に制限があるため、このページを参考に快適な留学生活をスタートして頂ければと思います。

カナダ入国時に必要な物

パスポート、ビザ許可証(※) パスポートの有効期限を必ず確認して下さい。
※ワーキングホリデービザ・学生ビザの申請を行った方は、カナダ入国時に許可証が必要となります。パスポートに記載されている有効期限を上回ってのビザは取得出来ませんので、必ず滞在期間中に有効となるバスポートを持参して下さい。
入学許可証、海外保険証明書等 学校から発行された入学許可証、海外保険証の書類等。
航空券/Eチケット 飛行機に乗る際に必要となります。出来れば往復分のチケットを用意しましょう。
カナダドル タクシーや電車・バスに乗る際に必要となるため最低限のカナダドルは持って行きましょう。日本からカナダへの送金を考えている方は、銀行口座の開設からお金が届くまでの数日間に必要となる生活費を用意しておきましょう。高額を持参する場合にはトラベラーズチェックやクレジットカードが便利です。
日本円 日本国内からカナダドルに両替するよりも、カナダ国内で両替を行った方が実はお得となります!また帰国時のためにも少しは持っておきましょう。
(※残高証明書) 学生ビザで長期滞在予定の方やワーキングホリデービザで滞在予定の方は、入国審査の際に残高証明書の提示を求められる場合があります。カナダドル表記の英文残高証明書を用意しておきましょう。

カナダ現地で必要な物

パスポートや入学許可証等の必要書類コピー 原本を紛失してしまった時に役立ちます。
クレジットカード カナダでの支払いはクレジットカードが主流です。契約や身分証明の際にも必要となる場合があるため持っておきましょう。
折り畳み傘 バンクーバーは雨の多い街なので必需品です!
衣類 【夏】気温は上がりますが、朝晩は冷え込むため羽織るものを準備しましょう。
【冬】極度に冷え込む事はありませんが、ヒートテック等があると便利です。
   また雨も多いのでフード付きのジャケット等があると便利です。

※ワーキングホリデーでお仕事をされる予定の方は、セミフォーマルな洋服を一着持っていると便利でしょう。
下着 カナダでは週に1回の洗濯が基本です。最低1週間分は用意しておきましょう。
カナダの下着はサイズや素材等で日本と異なる場合があります。
常備薬や目薬等 カナダでも購入出来ますが、カナダの薬は日本人には強すぎる物もあるため、自分の体に合った物を持っていきましょう。
肌に合う化粧水や化粧品 医療品同様、肌に直接つける物となるため、気になる方は持っていった方が良いでしょう。ごく一部のお店では、日本製品の化粧水や化粧品も購入出来ますが、日本と比べると値段がとても高いです。
英文の処方箋(持病の方) 持病をお持ちの方は、いつも使っている薬の処方箋を英文で用意しておくと、カナダでも重宝するでしょう。

カナダ現地であると便利な物

パソコン カナダでも購入は出来ますが日本と比べ品揃えはあまり良くありません。通学予定の学校によってはレポートやプレゼンで必要になる事もあります。
ガイドブック 観光をする際に便利です。
帽子、サングラス、日焼け止め等 カナダの夏は日差しがとても強いので、紫外線対策に持ってくると良いでしょう。
(電子)辞書 カナダでも購入は出来ますが、日英⇔英英の辞書があると便利です。電子辞書だと軽量なため常に持ち歩く事が出来安心です。
デジタルカメラ せっかくの留学です。思い出の記念を残す物としてあると便利でしょう。
iPod touchやiPad等 バンクーバーでは無料でWi-Fiを使用出来る場所が多いため持っていると便利です。
エコバック 日本と同様にほとんどの場所で買い物時のビニール袋は有料です。
冷えピタ、湿布等 暑い時や身体をどこかにぶつけてしまった等ちょっとした時に使えます。

カナダ現地で購入可能な物

携帯電話 プリペイド式/レンタル式/契約式で目的に合わせて購入できます。
ドライヤー等 ドラッグストアや大型スーパーで幅広い値段のものが購入できます。
炊飯器 日本製、カナダ製など炊飯器の購入はこちらで可能です。
文房具 日本製品より性能が悪い場合もありますが基本的には何でも揃います。
日本食 バンクーバーには日本食を取り扱うスーパーや日本食レストランが沢山あります。
洗面用具 シャンプーや歯磨き粉など簡単に購入出来まず。但し敏感肌の方は使い慣れた日本製の物を持参される事をお勧めします。
コンタクトレンズ、洗浄液 カナダでも購入は出来ますが、短期留学の場合には持ってくると良いでしょう。処方箋がある場合は処方箋も持参される事をお勧めします。
カイロ カナダで購入可能です。
不要なもの
日本の電気製品は、変圧器・変換プラグなしで使用することができます。カナダの電圧値(110V)が電源アダプターに記載されている電圧値内であれば問題なく使用可能です。
これから渡航される方への生活アドバイス
★バンクーバーには、日本でいう100円ショップのような1ドルショップがあります。何かお困りの際には、ここへ足を運んで頂ければ安く必要なものが手に入るでしょう。
★バンクーバーにはアジア系の移民も多く、簡単に日本製の化粧品や食品を購入することが可能ですが、日本の価格と比べると割高な場合がほとんどです。
★荷物に余裕のある場合はポケットティッシュ、綿棒、マスク(バンクーバーの街中でマスクをしている人はほとんどいません)、文房具(シャーペンの芯や修正テープは特にお勧め)、歯ブラシ(カナダの物はヘッドが大きい)等もあれば何かと便利でしょう。
★女性の方でクレンジングオイルを化粧落としの際に使っている場合には、カナダでは見つけにくい可能性が高いため、滞在分のクレンジングオイルを準備しておくことをお勧めします。ストッキング、タイツなども値段が高く、品質もイマイチなものが多いため、頻繁に使用される方は日本製のものを持ってくると良いでしょう。

  • カウンセリング予約はこちら
  • 無料見積りはこちら

無料カウンセリング予約・無料メール相談