カナダ留学、バンクーバー留学はカナダ現地留学オフィスのバンクーバー留学センター

留学・転校手続きからホームステイ、寮手配、インターンシップまでバンクーバー現地オフィスからあなたをサポート

カナディアンイングリッシュについて

カナディアンイングリッシュとは?
日本の英語教育では、主にAmerican English(アメリカ英語)が使用されています。しかし世界中には、American English(アメリカ英語)やBritish English(イギリス英語)など、様々な英語があります。例えば、世界では5億人近くの人達が英語を母国語としており、およそ80カ国にて英語が使用されています。そのため同じ英語でも各国によって、それぞれ特徴のある英語が用いられています。カナダは、歴史的背景からイギリスの影響を深く受けており、Canadian English(カナダ英語)はイギリス式とアメリカ式の混合であると共に、両国にて通じる綺麗な発音だと言われています。
カナダ英語の特徴
アメリカ英語と大きく異なるのはスペリングです。例えばイギリス英語に習って[center][color][defense]などの単語はそれぞれ、[centre] [colour] [defence]のように綴られます。しかしアメリカ英語のスペルをする単語も多く存在します。また発音はアメリカ発音に近いと言われています。[t]の発音はアメリカ英語のように[r]に近い発音が使用されています。
独特の表現
カナダを特徴付ける表現は「eh?」です。付加疑問文のように相手へ確認をする時に使われます。「でしょう?」のように文章の一番最後に使われます。北米の雑誌ではカナダを表現するためにこのフレーズをよく使用します。
地域による違い
東部では特にアメリカ英語の影響が大きいと言われています。大都市であるトロントは対岸がニューヨーク州であることも加わり、発音だけならばほぼアメリカ英語に近いです。西部/中部はイギリス英語の発音が残っていると言われており、例えば[schedule]は[シェジュール]の様に発音されています。
二つの公用語
カナダ人の8割は英語を母国語としており、そのうちの約9割は流暢な英語を喋ります。しかしケベック州ではそれが逆転しており、9割の人がフランス語を母国語としています。カナダ国内の8州は英語のみを利用しており、残り1州は英語とフランス語の両方、もう1州はフランス語のみとなります。文頭でも述べたように、日本の英語教育ではAmerican English(アメリカ英語)が今もなお主流となっていますが、世界では異なります。例えば、各国代表が集う世界会議などでは、語彙スペリング共にBritish English(イギリス英語)を用います。ヨーロッパでの英語教育も、基本的にはBritish English(イギリス英語)を中心に行います。また英語を公用語としている国のほとんどはイギリス式の英語を使用し、アメリカ式の英語を使用している国はフィリピンやリベリア共和国など、少数の国々のみとなっています。カナダは移民の国で、移民者がAmerican English(アメリカ英語)とBritish English(イギリス英語)の区別ができないため、American English(アメリカ英語)とBritish English(イギリス英語)の混合になりました。さらにカナダでは公用語以外を使う人、第2言語またはそれ以上を喋る人もたくさんいます。

  • カウンセリング予約はこちら
  • 無料見積りはこちら

無料カウンセリング予約・無料メール相談