カナダ留学、バンクーバー留学はカナダ現地留学オフィスのバンクーバー留学センター

留学・転校手続きからホームステイ、寮手配、インターンシップまでバンクーバー現地オフィスからあなたをサポート

<注意喚起>カナダにおける大麻(マリファナ)の合法化について

2018年10月17日から大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されます。


まだまだ日本では、身近な話題としてあがることの少ない【大麻(マリファナ)】の使用についてですが、
色々な国から留学生が訪れるバンクーバーでは今回の法律が施行される前から、
度々大麻(マリファナ)に関するトラブルが発生しています。

以下、在バンクーバー日本国総領事館のお知らせです。
——————
2018年6月21日に成立したカナダにおける大麻(マリファナ)の合法化に伴うお知らせです。

【要旨】
本年6月21日に成立しました「カナダにおける大麻に関する法律」が10月17日より施行されます。一方、日本の大麻取締法において、大麻の所持・譲渡(購入含む)等については違法とされ、処罰の対象になっております。この規定は絵画において行われた場合でも適用されることがありますので、在留邦人や日本人旅行客の皆様におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないよう注意願います。

【本文】
本年6月21日に成立しました「カナダに置ける大麻に関する法律」が10月17日より施行されることに伴いまして、邦人の皆様に対し以下の注意点について改めてお知らせいたします。

1.カナダでは、本年10月17日から、大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されます。

2.一方、日本では大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。

3.この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあります。

4.在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

(参考)カナダにおける大麻に関する法律(2018年6月21日成立)

(1)目的
同法は、カナダ全土における大麻の製造、頒布、販売及び所持を管理するための厳格な法的枠組を策定するものであり、
(ア)未成年者による大麻の利用を防止すること、
(イ)大麻による利益から犯罪者を排除すること、
(ウ)安全で合法的な大麻を成人が利用できるようにし公衆の健康と安全を保護することを目的とする。

(2)主な内容
(ア) 大麻使用の管理
州法が規定するところに基づき、18歳以上の者*は合法的に30グラムまで大麻を所持したり他の成人と共有したりすることができるものとする。
※州・準州は、同法の定める年齢よりも高い年齢(例:30歳)を州の大麻使用の最低年齢として定めることができる。

(イ) 未成年者の保護
18歳未満の者に対し大麻の販売又は提供した者は、懲役14年以下の罰則が科されるものとする。なお、大麻が販売される場所、大麻の使用が禁止される場所等の細則については
州法で規定されることとなる。

(3)注意事項
大麻のカナダ国外への持出し及びカナダ国内への持込みについては、同法施行後も引き続き違法となる。

(4)その他
大麻の合法化についてはトルドー政権が公約として掲げていた重要施策の一つ。

——————
上記にありますようにカナダでは18歳以上の方の大麻所持・使用が合法化されました。
ただ皆様ご存知のように日本では禁止薬物とされており国内・国外問わず、日本人が所持、譲り渡し、譲り受けをした場合、5〜10年以下の懲役・罰金が科される可能性がありますので、容易に手を出すことは絶対しないようにしましょう。

  • カウンセリング予約はこちら
  • 無料見積りはこちら


グレーターバンクーバー / Greater Vancouver

バンクーバー島 / Vancouver Island

私立校 / Private schools

アルバータ州 / Alberta

マニトバ州 / Manitoba

無料カウンセリング予約・無料メール相談