カナダ留学、バンクーバー留学はカナダ現地留学オフィスのバンクーバー留学センター

留学・転校手続きからホームステイ、寮手配、インターンシップまでバンクーバー現地オフィスからあなたをサポート

バンクーバーの交通機関


バンクーバーの交通機関
バンクーバーの交通機関
バンクーバーの公共交通機関には、バス、スカイトレイン/カナダライン/エバーグリーンライン(電車)、シーバス(フェリー)の3種類があります。バスは基本的に、ダウンタウンを中心としたバンクーバー及びその周辺エリア(ウェストバンクーバー/ノースバンクーバー/リッチモンド)を運行しています。通常、電車の路線は限られているので、バスを乗りこなすことが重要となります。
ゾーン区分
バンクーバーの交通機関は、運賃別に1ゾーン、2ゾーン、3ゾーンに分かれており、ゾーンが上がるごとに値上がりします。但し平日(月~金)の夕方6:30 p.m.以降と週末(土&日)祝日は、1ゾーン分の料金でご利用頂けます。※バスは、ゾーンに関わらず、1ゾーンの運賃となります。
1枚ずつ、券売機でチケットを購入することもできますが、Compass Cardが始動したため、Compass Cardにチャージというかたちで入金をすると、一回当たりの運賃が割安になります。Compass Cardは、チャージの他、定期券(Monthly pass)のチャージが可能です。
ゾーン区分

料金表(カナダドル)

乗車券1枚ずつ購入 Compass Cardを利用 定期券(Monthly pass)
1ゾーン 2.85ドル 2.20ドル 93ドル
2ゾーン 4.10ドル 3.25ドル 126ドル
3ゾーン 5.60ドル 4.30ドル 172ドル
※2017年7月1日以降の料金表です。

 

乗車券はスカイトレイン各駅の自動券売機やバス内で購入をする事が出来ます。定期券(Monthly pass)は、電車の駅構内の券売機や、最寄のドラッグストアで簡単に入手することが出来ます。Compass Cardを前もって購入せず乗車される場合には、小銭を所持しているご確認下さい。(バンクーバーのバスには両替機はありませんのでお札が使えません。)また、定期券は月なかで購入することができず、その月毎に利用します。※月末から次の月の定期をチャージすることができます。
以上のことから、つき中にご渡航予定の方は、翌月になるまでは、チャージで一回ずつの乗車券として、利用した方がお得になります。定期券をチャージする際には、1ゾーン、2ゾーン、3ゾーンから選べます。日本の交通系電子マネー同様、定期券分に上乗せで、チャージをすることができますので、定期券のゾーンを超えた移動をした場合には、上乗せしたチャージ分から、乗り越し精算がされます。

※上記でご説明した乗車券、Compass Cardの他に、1日乗車券(Day Pass)というチケットもあります。家族や友達が観光で来ている時に便利です。Day Passは9.75ドルでAll Zone使えます。(2017年5月5日現在)

電車
バンクーバーの中心にあるWaterfront駅からKing George駅もしくは、Production Way-University駅までを結ぶエキスポ・ラインとVCC Clark駅からLougheed Town Centre駅まで運行されるミレニアム・ラインの2路線があります。この2本は、スカイトレインと呼ばれています。

一方、2009年に完成したカナダ・ラインは、Waterfront駅からYVR(バンクーバー国際空港)駅もしくは、Richmond Brighouse駅までを結びます。

コキットラム市を走るエバーグリーン・ラインの計画が立てられ、2016年の秋、ついに完成しました。
エキスポ・ライン、ミレニアム・ラインではバンクーバー中心部(ダウンタウン)の地下を走り、その他の地域では高架になっています。カナダ・ライン(計画段階では、RAV・ライン=Richmond-Airport-Vancouver Rapid Transit Lineと呼ばれていました)はバンクーバー市内の住宅地を走る為、ほとんどが地下となり空港では高架に入ります。エバーグリーン・ラインでは、路面電車のようになります。
電車は早朝5時頃から夜中の1時頃まで運行しています。(利用するラインによって始発と最終の時間が異なります。)

電車を利用する際には、チャージをしたCompass Cardをタッチして、改札を通る必要があり、出るときも、同様、改札でタッチします。
translinkmap
バス
バスの乗車は前からになります。バスは乗車時に支払いをします。運転手の横に支払機があるので、そこにお金を入れると、乗車券を発行してもらえます。支払いはコインのみでつり銭は出ませんので、バスを乗る際にはコインを多く持つようにしましょう。支払機が乗車券の有効時間を確認した後、差し込んだ乗車券が再度出てくるので、取り忘れに気をつけて下さい。
一方、バスに乗る前にCompass Cardを購入している場合には、支払機横にコンパスカード専用の機械がありますので、そこにタッチします。
尚、バスのみで移動をする場合は、ゾーンに関わらず、1ゾーン分の定期で、どこでも行き放題なので、バス乗車時にタッチする必要がありますが、下車する際には、タッチする必要は、ありません。
バスは次の停車場所をバス内にある電光掲示板で表示します(バス前方にあります)。掲示板で降りる駅を確認して下さい。降りる際はバス内にあるロープの様なひもを引くか、STOPボタンを押すと、掲示板の横に「STOP」と表示され、バスが停車します。また、運転手に降りたい場所を事前に伝えておくと、バス停に着く前に知らせてくれます。
※夜遅い時間に走っているバスもあります(Night Bus)。夜9時~朝5時の間にバスを利用した場合で、2つのバス停の間で下車したい旨を運転手に伝えると、安全な所であれば停留所でなくても下車出来ます。(急行や停留所が決まっているバスではこのサービスを利用出来ません。)


最後に
公共交通機関を運営するTranslinkのウェブサイトにて、乗り換え検索や時刻表の確認ができますので是非ご活用下さい。
※TransLinkのウェブサイトはこちら

  • カウンセリング予約はこちら
  • 無料見積りはこちら

無料カウンセリング予約・無料メール相談