カナダ留学、バンクーバー留学はカナダ現地留学オフィスのバンクーバー留学センター

留学・転校手続きからホームステイ、寮手配、インターンシップまでバンクーバー現地オフィスからあなたをサポート

バンクーバーでのホームステイ心構え

バンクーバーは、留学初心者にも優しい都市として、初めての留学にもぴったりです。学校だけではなく、家でも英語を使えるように、滞在方法としては、ホームステイが、人気です。今回は、ホームステイにおける心構えを案内させていただきますので、これから、バンクーバーでホームステイを考えている方は、是非参考にしてみてください!




ホストファミリー

ホストファミリーとの生活

welcome


ホストファミリーも家族の一員として受け入れてくれていますので、ご自身も、一緒に生活をしてくれている、という認識を持ちましょう。
学校が始まってから、友達と夕飯を食べてくるようなら、一本連絡をする、自分のお部屋は、掃除機を借りて、簡単に掃除するなど、基本的なことをやるように心がけましょう。


食事

cereal


2食もしくは、3食提供といっても、共働きのご家庭が多いのが現状です。朝は、シリアルやトーストを自分で準備たり、お昼も冷蔵庫にあるハムなどを使って自分でサンドイッチを作る、セルフサービスタイプも多いです。中には、ランチパックを準備してくれるご家庭もありますが、自分でできることは、自分でやる、ということも、自立する一歩となります。




シャワー



バンクーバーの家はタンク式ということが多く、ひとりがシャワーを長時間使ってしまうと、次の人が、水しか出てこない、なんてこともあり得ます。湯船に浸かるわけではないので、常識の範囲内、5-10分程度を目安にしてください。また、ドライヤーの音もありますので、お風呂の時間帯を何時まで、と指定される場合もあります。滞在開始後、ホストファミリーに確認してみてください。


洗濯

towel

週に1回というのは、一般的です。ホストファミリーが、まとめてやってくれたり、曜日を決めて、週に一回、自分で洗濯をするなど、各家庭によってルールが異なります。バスタオルを何度も使いたくないという方は、数枚多めにお持ちすることをお勧めします。




英語

コミュニケーション



ホストファミリーとは、積極的にコミュニケーションを取りましょう。多民族国家のカナダでは、相手を理解しようとする姿勢とあわせて、自分の意見もしっかり言うことがとても大事です。言い換えれば、日本人の間でよく見られる、言いたいことをくみ取ってくれる、ということは、起こりません。
アレルギーの他、苦手な食べ物があれば、苦手、ということや、必要なものがあれば、貸してもらえるのか、など、きちんと意思表示をしましょう。


まとめ~最後に~

studyabroard

日本の義務教育で英語の授業を受けていれば、基本的な挨拶はできるかと思いますが、会話表現も併せて身に付けることをおすすめします。
また、英語だけではなく、カナダの歴史など、簡単でも構わないので、知識を身に付けていた方が、会話も広がって、有意義な留学生活を送れるのではないでしょうか。
相手の気持ち、生活を尊重しながら、生活を楽しみましょう。

  • カウンセリング予約はこちら
  • 無料見積りはこちら


グレーターバンクーバー / Greater Vancouver

バンクーバー島 / Vancouver Island

私立校 / Private schools

アルバータ州 / Alberta

マニトバ州 / Manitoba

無料カウンセリング予約・無料メール相談